メニュー
生産管理の基礎
顧客満足に応える生産管理
企業が直面している生産管理課題
自動車部品メーカの生産管理
MES(製造実行システム)
SCM
システムコンサルティング
品質管理
生産管理関連情報
”はちろう”先生の原価計算講座
ぶどうの生産管理
メインメニュー

トップ (メニュー)  >  MES(製造実行システム)  >  MESの役割と動向

MESの役割と動向

製造業では顧客を見据えた活動においても、生産現場の業務と情報が直接取りこまれてきつつある。

昨今は、サプライチェーン・マネジメント、CRM(Customer Relationship Management:顧客管理)、ビジネス・インテリジェンスなど、顧客に焦点を置いた企業戦略が注目されている。

しかし、その実践にあたっては、社内の業務や生産が行なわれている「現場」との連携がいかに円滑に行なわれるかが大切になる。

MES(Manufacturing Execution System:製造実行システム)は、ERPなどの業務システムと生産設備の制御システムをつなぐ「神経系」のシステムとして、業務の計画を指示として生産現場に伝え、生産現場の情報を把握する。 MESは、生産現場のためのシステムだけではなく、情報を両方向に伝達するシステムとして、その役割がますます重要となってきているのである。

 

 

 

 

 

プリンタ用画面
投票数:56 平均点:5.54

前
MESの機能
カテゴリートップ
MES(製造実行システム)
経営管理関連サイトピックアップ

 

原価計算   原価計算から原価管理へ

原価管理    コストダウンにつながる原価管理

 

予算管理    形骸化した予算管理から脱却

管理会計    伝統的管理会計から新しい管理会計へ

新管理会計    新しい時代にあった管理会計 

 

生産管理    生産管理の基礎から応用

物流管理    物流管理から進化ロジスティックス

資金管理    どんぶり会計から脱却!  

 

不正・粉飾    不正経理・粉飾決算のパターンと事例

倒産企業    倒産についての知識と倒産事例

 

 

 

 

 

 

  

提携リンク

Powered by prosite Project
Administrator